武蔵野市環境啓発施設 むさしのエコreゾート

MENU

武蔵野市環境啓発施設 むさしのエコreゾート

close

10年後の桜は・・・

2021.05.01

環境トピック

10年後の桜は・・・

今年も、桜が満開に咲き誇りました。新型コロナウイルスの影響で、お花見は自粛となりましたが、エコreゾート前の桜並木でも、日中お散歩しながら桜を楽しむ姿が見られました。

千川上水の桜並木

今年は特に早かった桜の開花、様々な原因が重なっての結果ですが、『地球温暖化』による影響は無視できないものになっています。

10年前の桜の開花日(東京:3月28日)と、今年の開花日(東京:3月14日)を比べると14日早まっていることがわかります。年によってバラつきはあるものの、平均して早まっている傾向があります。その一方で、鹿児島など日本列島南部では、桜の開花の遅れが発生しています。桜の開花に必要な「休眠打破」が暖冬の影響で遅くなっていることが原因だと考えられています。このまま温暖化が進めば、東京の一部でも桜が開花しないエリアが出てきてしまう恐れも。

美しい桜を、50年後100年後もこの地で愛でられるように、今私たちがすべきこと、考えてみませんか。

参考:環境省COOLCHOICE「地球温暖化の自然への影響」https://ondankataisaku.env.go.jp/communicator/column06.html